ドイツ生活 徒然記

現在語学学校でドイツ語奮闘中です。ドイツ での生活で体験したことや感じたことを書いていきます。

ドイツのことわざ 「花を通して伝える」

昨日の夜は初雪が降りました。本格的な冬の始まりです。B1-1も今日で3週目に入り、寒さと暗さに加えてドイツ語のレベルも難しくなっていきます。。ファイト!

 

そんなわけで今日習ったドイツ語のことわざを1つ紹介したいと思います。

 

"durch die Blumen sagen"

 

直訳すると、「花を通して伝える」という意味になります。これは言いづらいことを婉曲的に相手に言うことを表すことわざです。昔、相手に伝えづらいことを花を渡すことで気持ちを表すことがあったようで、それが源になっているそうです。

 

授業のテキストではいつも小さなお話が展開され、内容に入っていくのですが、今回は主人公のジャーナリストが趣味が合わない友人に食事に誘われ、理由をつけて断るも何度もしつこく誘われるというお話。彼女がこの出来事を自身が執筆しているコラムに取り上げた際に使った言葉が"durch die Blumen sagen"でした。

 

このことわざはクラスの誰も聞いたことがないようで、(もちろん私も初めて聞きました)「ドイツ人がこんな言葉をつかっているなんて驚きだ!」と言っているクラスメイトもいました。

 

というのも、授業で習ったのですが、メールを書く際、ドイツ人はスモールトークを入れずに割とすぐ用件を書きます。さらに実際会話で受ける印象は、必要以上にくだけようとはせず、距離を保ちながら気持ちをおおっぴらにしない、という感じです。社交辞令を挟む隙間もない印象です。コロンビア人のクラスメイトもドイツ人は感じは良いけれども距離を持ちたがると話していました。

 

一方、先生いわく、家族間ではかなりダイレクトに気持ちを伝えるが、家族以外にはそうでもない、つまり遠まわしに気持ちを伝えたりするらしいのです。

 

日本は婉曲表現が芸術にもなったりする文化だと思いますが、ドイツ語ではあまりそういった表現に遭遇したことがありません。(私の語学レベルの問題かもしれませんが。。)今後ドイツ社会に馴染んでいったらもっと深く理解できるんだろうなと思いながらさらに語学に励むべし、と決意を新たにした授業でした。

 

 

ドレスデンのカフェ Kuchen Atelier

ドレスデンもいよいよ寒くなってきて一昨日の朝には霜が降りていました。そして中心地の広場にはクリスマスマーケットの準備が進められています。冬ですね。

 

今日は前回に懲りずにまたカフェに行ってきました。観光地に位置するカフェなのでドレスデンを訪れることがあればぜひ行ってみてください。

 

f:id:minamoe0529:20181117204854j:plain

 

Kuchen Atelier

住所:Ringerstrasse 1

01067 Dresden

お店のホームページ↓

Homepage - Kuchen Atelier

 

写真の右上にGewandhausの灯りが見えるでしょうか。実はホテルの建物の中にこのカフェがあり、ホテルロビーと客席が一体になっています。Gewandhausは5つ星ホテルで少し屋内を眺めましたが落ち着いた雰囲気の素敵な場所でした。宿泊者でなくてもホテルに泊まった気分になりました(笑)

 

f:id:minamoe0529:20181117205458j:plain

 

お店部分はとても小さいです。

 

f:id:minamoe0529:20181117205700j:plain

 

閉店30分前に入店したので人も少なく、非常に落ち着いた空間になっていました。

 

f:id:minamoe0529:20181117205839j:plain

 

ソファがたくさん置いてあってゆったりくつろげます。

 

f:id:minamoe0529:20181117205957j:plain

 

席に着いてカプチーノを頼みました。それからケーキを選んで注文。

 

f:id:minamoe0529:20181117210128j:plain

 

タルトタタン(3€) りんごの酸味と甘さがとても美味しかったです。ボリュームもあって食べごたえ十分でした。

 

f:id:minamoe0529:20181117210332j:plain

 

マンゴーチーズトルテ(4.5€) クリームチーズとマンゴーの爽やかな酸味が合っていて甘すぎることなく美味しかったです。下に引いてあるクッキーの台にはホワイトチョコレートが使ってあって、少しくどいような気もしましたが、全体的に美味しいケーキでした。

 

18時閉店だったので、客席に面しているケーキのお店はカーテンが閉まるようでした。ホテルのロビーも兼ねているところなので長居してもよさそうな雰囲気でくつろげそうなカフェでした。前回かなりがっかりしたので今回は満足度が高かったです(笑)

ケーキはドイツのクーヘンやフランス菓子のマカロンも置いてあり、飲み物の種類も豊富だったので観光客が足を休めるのにぴったりだと思いました。

ドレスデン観光の際はぜひ覗いてみてください。

 

ドイツのクリエイターズマーケット

先週末日曜日にイベントを見つけて出かけました。「handgemacht Kreativmarkt」です。地元名古屋では年に二回、クリエイターズマーケットというハンドメイド作家や画家たちが作品を販売する催しが開かれており、私も何度か足を運んだことがありました。最近はあまり手を動かすことがないのですが、自身もアクセサリーなど作るのが好きなので見るだけでも楽しいものです。

 

f:id:minamoe0529:20181112233453j:plain

 

ここが開場のメッセドレスデン。展示会の会場として使われているところです。

 

f:id:minamoe0529:20181112233725j:plain

 

テーマカラーはショッキングピンクのようで、道中メッセの場所を案内するピンクの看板が近くにも出ていました。このイベントはドレスデンのみならずヨーロッパ各地から作家たちが集まっている大規模なもののようです。

 

 

f:id:minamoe0529:20181112233852j:plain

 

入場料は1人5€でした。会場のホールに入る前の通路にもブースがあり、流木でできたオブジェからイラストを描いたポストカード、アクセサリー類など多種多様な作品が並んでいました。

 

f:id:minamoe0529:20181112234529j:plain

 

布市場も併設されており、たくさんの布地の他、ビーズやパーツなども。

 

f:id:minamoe0529:20181112234802j:plain

 

革の端切れもたくさんありました。

 

f:id:minamoe0529:20181112234859j:plain

 

ところどころにワークショップもあって、子どもたちが色塗りをしたりクリスマスのオーナメントを作ったり、布にプリントをしたりするなどして楽しんでいました。

 

f:id:minamoe0529:20181112235033j:plain

 

メイン会場の様子。ご覧のとおりたくさんの人で賑わっています。お客さんはたいてい女性でしたが、日曜日なので夫婦で出かけてきている男女もちらほら見かけました。屋内のイベントなので暖かく、会場内ではみな薄着です。手作りっぽい服を着た人を何人か見かけました。

 

f:id:minamoe0529:20181112235309j:plain

 

木のおもちゃはドイツらしいですね。こちらの馬は坂の上に置くと細工が施してあるので自分で坂を下りていきます。動きがとても可愛らしかったです。

 

f:id:minamoe0529:20181112235450j:plain

 

中庭には食事ブースが集まっていました。ここでもドイツ人が食べるのはカリーブルスト。ソーセージにカレーソースとフライドポテトを合わせて食べます。

 

自作の絵を売っている人やカバン、洋服、アクセサリー、靴、ランプ、食器などなどいろいろなものがありました。全体の規模としては名古屋に比べると5分の1くらいの大きさに感じましたが、想像していたよりもしっかりとしたイベントでそぞろ歩きだけでも楽しめました。フェイスブックでイベントを知ったのですが、別の会場で今度は来年の2月にも同じようなマーケットが開かれるようです。興味がある方はぜひ行ってみてください。

ドレスデンのカフェ フランス菓子のお味は・・・

今週からドイツ語のクラスがB1-1になり、なかなか忙しくなってきました。なんといっても語彙が足りていません。。もっと勉強しなくては。。

ということで少し間があいてしまいましたが、今日は先々週末行ってきたカフェについて書きたいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20181109001145j:plain

émoi 

住所: Kamenzer Str. 40
01099 Dresden

(お店のホームページはおやすみ中でした)

 

ドイツではケーキのことをクーヘンと呼ぶのですが、日本でもお馴染みのバームクーヘンからも想像がつくように、少し重ための生地で素朴なものが主流です。日本で食べるケーキのようなふわっと軽い食感のものはなかなかありません。先日こちらでも紹介しましたベルリンのカフェコミネのようなパティスリーは少ないです。そんななか、ドレスデンで見つけたお店がこちらのémoi なのです。期待に胸をふくらませて行ってきました。

 

f:id:minamoe0529:20181109002111j:plain

 

中央にあるのはマカロンですが、その周りにはドイツのクーヘンが並んでいます。

 

f:id:minamoe0529:20181109002215j:plain

 

チョコレートもショーケース入り。

 

f:id:minamoe0529:20181109002309j:plain

 

金色の紙のお皿が敷いてあって見目麗しいですね。

 

f:id:minamoe0529:20181109002408j:plain

 

ちょっとミントが元気ないですがこちらも綺麗に作ってあります。

 

ピンク色の方はホワイトチョコレートで囲ってあり、中にバナナのムースが入っています。緑色の方は下にブラウニーがひかれ、中には酸味の強いフィリングが鎮座していました。残念ながらどちらも美味しくなかったです。それぞれ4€というなかなかのお値段がするのですが、やはりドレスデンで美味しいケーキを食べるのは難しいのかもしれません。救われたのは、コーヒーが美味しかったこと。お客さんの様子を見ているとパンを買う人が多く立ち寄り、カフェでケーキを食べているのは私たちしかいませんでした。

 

f:id:minamoe0529:20181109003047j:plain

 

カフェを出る頃にはこんな風に残り少なくなっていました。見た目は綺麗なんですけどね。。ベルリンで食べたカフェコミネのケーキが忘れられない私たちにとっては辛い敗北となりました。後日語学学校の先生にこのお店のことを話したところ、ナッツクリーム入りのクロワッサンがとても美味しいとのこと。こちらのお店に来ることがあれば、ぜひクロワッサンをお試し下さい。

 

 

ハロウィンキンダー

10月最終日の昨日はハロウィンで学校がお休みでした。夫が子供たちがお菓子をもらいに来たり来なかったりすると言うので念のため準備しました。

 

f:id:minamoe0529:20181101231940j:plain

 

謎のチョコロリポップは中身がよくわかりませんがハロウィン柄だったのでそれらしいかと思い、10本入り1袋を購入。ドイツお馴染みのハリボーは小分けになった小さな袋がたくさん入っているものを買いました。あとはイケアで見つけた包装紙でそれらをまとめます。

 

f:id:minamoe0529:20181101232259j:plain

 

包装紙で紙袋を作り、ロリポップハリボーを1つずつ入れて準備完了です。しかし、午前中に来ると思っていた子供たちは姿を現さず。。

 

夜18時過ぎになってベルが鳴ったので開けてみると、なんと小さな3人の子供たちが綺麗にお化粧と仮装をした姿で立っていました。年齢は4歳~7歳くらいでしょうか。一番小さな子は頭から白いお化けの仮装で目だけ出していたので性別はわかりませんでしたが、後の2人は魔女っぽい衣装で1人はメキシコ風のカラフルな骸骨メイクをしていました。彼らは「Süßes oder es gibt saures!」(英語で言うTrick or treatです)と言っておとなしく立っていました。私が「何軒行ったの?」とドイツ語で聞くと「・・・。」無言でした(笑)外国人から話しかけられたことにあまりにびっくりしたのか、お菓子をあげると無言で走り去って行きました。一番お姉さんらしき女の子は最後ちょっと振り返ってはにかんだ笑顔を見せてくれましたが、日本人が珍しかったのかもしれません。

その後夕食の準備をしていると、1階に住んでいるのでキッチンの通りに面した窓を小さな魔女がノックしました。窓を開けるとたくさんの魔女たち。「何人?」と聞くと声を揃えて「6人!」 ちょっと待っててね、とお菓子を取りに行った私の後ろで「あれはなんだろう!いい匂い!」と火にかけていたフライパンの中身(豚丼です)に興味津々。お菓子をあげると先に来た3人より年上の魔女たちはお礼を言って「Schöne Abend!」と去って行きました。

 

そんなこんなで昨日は可愛らしい襲撃にほっこりとしました。みんなとても綺麗にお化粧をしていたので写真を撮りたかったです。(不審者として通報されるのは困るので我慢!)手に持っている小さなカゴにはキャンディらしきものがたくさん入っていたので、ドイツ人はそれほど凝ったものを配らないようです。私が小学生時代住んでいた地域では「お月見泥棒」という風習があり、その日になると玄関先に子どもたちが持っていけるように「うまい棒」や「クッピーラムネ」など小さな駄菓子が用意されました。日本の駄菓子をあげたらドイツの子供たちはどんな反応をするだろうなと思いながら自分が「お月見泥棒」だった時代を思い出したハロウィンでした。

 

 

 

パンケーキミックス

f:id:minamoe0529:20181031021015j:plain

ドイツにもパンケーキミックスなるものがあったので作ってみました。

 

f:id:minamoe0529:20181031021121j:plain

 

早速蓋がうまく外れないというトラブル発生。なんとか開封

 

f:id:minamoe0529:20181031021245j:plain

 

牛乳を容器の線まで入れたらよく振って、2分くらい馴染ませてから焼きます。

 

f:id:minamoe0529:20181031021409j:plain

 

直径10センチくらいのパンケーキにしてみました。

 

f:id:minamoe0529:20181031021533j:plain

 

ちょっとひっくり返しに失敗。

 

f:id:minamoe0529:20181031021620j:plain

 

味は思ったほど甘すぎず、もっちりしていて美味しかったです。そして、バナナとの相性は抜群。全部で15、6枚焼けたので、2人で食べるのに丁度良い分量でした。

また買いたいと思います!

 

ドイツ 初お寿司

ドイツに来て5ヶ月経ちましたが、先日初めてお寿司を食べました!今日はそのお店をご紹介したいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20181027223814j:plain

 

Ischin

住所:Bundesallee 203
10717 Berlin - Wilmersdorf

お店のホームページ↓

Japanische Restaurants - Ishin - Japanische Restaurants

ベルリンに6店舗あるのですが、今回はカフェコミネに近かったのでここを選びました。

 

f:id:minamoe0529:20181027224832j:plain

 

メニューはこんな感じです。納豆も食べられます。

 

f:id:minamoe0529:20181027224934j:plain

 

単品で頼むこともできるのですが、今回はセットメニューの竹を注文しました。

 

f:id:minamoe0529:20181027225033j:plain

 

土曜日は終日ハッピーアワーということで13€のところ9.8€でいただけました。日本のレストランと同じようにお茶がサービスで頂けるのがとても嬉しいです。シャリが柔らかく、ネタも新鮮で日本で食べるお寿司に遜色ありませんでした!一緒に行った友人は2年ぶりくらいに食べるお寿司にお箸が進んであっという間になくなっていました。久しぶりのお寿司に大満足でした。

 

またベルリンを訪れた際はぜひ再訪したいと思います!