ドイツ生活 徒然記

現在語学学校でドイツ語奮闘中です。ドイツ での生活で体験したことや感じたことを書いていきます。

プラハ市民会館見学ツアー

f:id:minamoe0529:20190101221926j:plain

 

夜のプラハ市民会館。スメタナホールで15時、17時にコンサートが行われ、おしゃれした人たちが訪れていました。

2016年にプラハを旅行したのですが、そのときに寄れなかったのがプラハ市民会館でした。今回は1泊2日という短い時間ですが2日間でここを満喫するのが目的。12月25日に見学ツアーに参加してきました。朝10時開館時にカウンターでチケットを購入。11時のツアーに空きがありました。入館料は1人250チェコクローナで写真撮影許可が55チェコクローナ必要でした。英語のガイドツアーに参加しましたが、テキストの日本語翻訳版を貸してもらえるので心配いりません。

早速写真を紹介していきます。

 

 

f:id:minamoe0529:20190115041258j:plain

 

スメタナホール出入り口から外を眺めた図。

 

 

f:id:minamoe0529:20190115041401j:plain

 

 スメタナホール。舞台上部にパイプオルガンがあり、スメタナの顔が施されています。

 

f:id:minamoe0529:20190115041628j:plain

 

結婚式でも使われるサロン

 

f:id:minamoe0529:20190115041751j:plain

 

こぢんまりとした椅子と机が並んでいて可愛らしいサロンでした。壁は大理石を模して作られていますが、置いてあった机には本物の大理石が使われているのだとか。

 

f:id:minamoe0529:20190115234111j:plain

 

次の部屋に置いてあった水槽。今は使われていませんが、まだ使えるとのこと。

 

f:id:minamoe0529:20190115234300j:plain

 

細かなタイル装飾が施された水場。非常に可愛らしい模様が配されていました。

 

f:id:minamoe0529:20190115234425j:plain

 

アラビア風のお部屋。こんな感じにそれぞれの部屋は小さいながらテーマを持って装飾されています。

 

f:id:minamoe0529:20190115234556j:plain

 

劇が上演される小さなホール。

 

f:id:minamoe0529:20190115234652j:plain

 

壁画が見事でした。

 

f:id:minamoe0529:20190115234801j:plain

 

天井にもふんだんに装飾が施されています。

この次の間がハイライトであり、見ればわかります、とガイドさん。

 

f:id:minamoe0529:20190115235107j:plain

 

市長の間です。このホールに入ったときにはそれはもう鳥肌が立ちました。

 

f:id:minamoe0529:20190115235246j:plain

 

この部屋にあるものはほぼ全てミュシャがデザインしたもの。右側に見えるカーテンのデザインも彼が行ったそうで、

 

f:id:minamoe0529:20190116000426j:plain

 

このステンドグラスもミュシャの作品です。

 

f:id:minamoe0529:20190115235543j:plain

 

頭上には平和のシンボルの鳩が描かれています。

 

f:id:minamoe0529:20190115235707j:plain

 

2016年の東京でのミュシャ展でこの市長の間の展示もあったのですが、建物と一体化すると数十倍もの魅力でした。

 

f:id:minamoe0529:20190115235909j:plain

 

この類まれなる色彩感覚と大胆な構図が神秘的な雰囲気を醸し出し、自分がどこに居るのかわからなくなるようなまるで魔法に掛けられたかのような気分に陥りました。

 

f:id:minamoe0529:20190116000138j:plain

 

f:id:minamoe0529:20190116000222j:plain

 

革張りの椅子の上部にあった装飾。窓辺にあるからか、少し色あせていました。

名残惜しいですが次の部屋に移動です。

 

f:id:minamoe0529:20190116000534j:plain

 

チェコを代表する小説家、画家、作曲家など文化人の壁画と彫像です。

 

f:id:minamoe0529:20190116000717j:plain

 

左側に見える調度品も細かい細工が施されていて見所たくさんでした。

 

f:id:minamoe0529:20190116000814j:plain

 

これが最後の広間です。

 

f:id:minamoe0529:20190116000922j:plain

 

演説などを行うホールで、話の内容に集中を促すため装飾が控えめになっているとのことでした。ツアーはこれにて終了です。終始ガイドさんが英語で説明をしてくれ、手元には日本語の翻訳(返却します)があるのですが、メモを取る暇がなく勉強になったことをたくさん忘れてしまいました。。

 

✩番外編✩

 

f:id:minamoe0529:20190116001101j:plain

 

市民会館の地下にあるアメリカンバーです。とても古く歴史あるバーとのこと。

 

f:id:minamoe0529:20190116001701j:plain

 

夫は運転してくれていたのでカプチーノ、私はハイソサイエティを頼みました。クリスマス当日だったからか、店員さんの感じは良くありませんでした。。

 

以上が市民会館のレポートです。いかがでしたでしょうか。私は市長の間のミュシャに半分以上心を持って行かれてその後の広間を見るよりももっと市長の間をじっくり見たいという気持ちでした。ですが、ガイドさんのお話がとても面白く、詳細は忘れても(!)、チェコの人々の民族意識の熱さが伝わってくる貴重な体験でガイドツアー全体として非常に興味深かったです。プラハを訪れる際にはぜひ見学ツアーに参加してみてください。

ミュシャ スラブ叙事詩

先月末にプラハに1泊2日で滞在しました。目的はプラハ市民開館を訪れるため。2017年に東京の国立新美術館で行われた「ミュシャ展」は65万人を越える鑑賞者を動員する大ヒットとなったのですが、その展示の目玉であったアルフォンス・ミュシャのスラブ叙事詩が今プラハの市民開館に展示されています。ただ、絵画が非常に大きいため展示会場に収まりきらず会期途中で展示の入れ替えをするようです。

 

f:id:minamoe0529:20190101070125j:plain

 

プラハ市民開館です。チェコの作曲家、スメタナの名前を冠したホールがあります。ホールの見学については別の記事で書きたいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20190101070140j:plain

 

入場料は1人250クローナでしたが、語学学校の学生証を提示すると100クローナで入場できました。

 

f:id:minamoe0529:20190101070200j:plain

 

ブルガリア皇帝シメオン1世』

額縁がなく、キャンバスの縁まで描かれた部分を見ることができます。(絵の前の床にビニールテープが貼ってありますが、おそらくこのライン以上は近づいてはいけないということかと思います。)

 

f:id:minamoe0529:20190101070218j:plain

 

絵の裏側まで丸見えです。

 

f:id:minamoe0529:20190101070258j:plain

 

『東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン』

 

 

f:id:minamoe0529:20190101070237j:plain

 

観賞用の椅子はなんとジムに置いてあるようなベンチ。

 

f:id:minamoe0529:20190101070317j:plain

 

『フス派の王、ポジェブラディとクンシュタートのイジー

 

国立新美術館では額縁に入れられて壁に飾られており、手の届かない崇高なものに見えましたが、ここではよりミュシャが直接訴えかけてくるようで東京での展示に比べると絵がとても身近に感じられました。閉館30分前に入場したのであまりじっくり鑑賞できませんでしたが、今回の訪問はとても満足いくものとなりました。展示の係員さんたちも親切でお土産の売り子のお兄さんも閉館のタイミングでも対応してくれて素敵でした。残念ながら1月13日までの会期となり、その後どこで展示されるかはわかりませんがまたプラハを訪れる際に機会があれば再鑑賞したいと思います。

 

✩絵画のタイトルは国立新美術館で行われたミュシャ展の図録を参照しております。

チェコでラーメンを食べる

ドレスデンに来て7ヶ月ほど経ちましたがラーメン屋さんを見たことがありません。あるにはあるようですが、ものすごく不味いという噂です。。ラーメン好きの日本人の知人はベルリンやデュッセルドルフのお店に食べに行くらしいのですが、それくらい美味しいラーメンは日本人にとって重要なものということだと思います。

以前日本人の方とラーメンの話になって、美味しいお店がチェコにあると聞いて今回食べに行ってみました。

 

f:id:minamoe0529:20181229052252j:plain

 

Kitchen Ramen Bar

住所:28. října 9, Prague 1, Czech Republic

お店のホームページ↓

Kitchen Ramen Bar | Kitchen The Address

 

なんともおしゃれな外装です。

 

f:id:minamoe0529:20181229052351j:plain

 

お店の名前の通り、夜にはお酒を飲む場所になるんでしょうね。クリスマスの日の13:30頃に予約なしで訪問したのですが、店内にはお客さんがたくさん入っていて、ちらほら予約席の札も置いてありました。

 

f:id:minamoe0529:20181229052327j:plain

 

内装に加えてメニューや箸などの小物にもこだわりが見られるカフェのようなお店。塩ラーメンと豚骨ラーメンを注文しました。

 

f:id:minamoe0529:20181229053635j:plain

 

Hakata Tonkotsu Ramen 279クローナ(約11.2€)

豚骨スープがかなりこだわりを持って作られている印象を受けました。麺はストレートで少し柔らかめでしたがとっても美味しかったです。

 

f:id:minamoe0529:20181231022134j:plain

 

Hakodate Shio Ramen 266クローナ(約10.7€)

麺は豚骨と同じストレート麺。非常に濃厚で私のイメージの塩ラーメンよりはこってりしていましたがこちらも本格的なラーメンでした。

 

f:id:minamoe0529:20181231022301j:plain

 

ちょっと麺は柔らかめでした。でも美味しい!

 

チェコを訪れる際はまた行きたいと思います♪

薄切り肉を求めて

日本では当たり前のように売られている「豚小間」(薄切り肉)ですが、ドイツにはありません。アジアンショップで冷凍された薄切り肉にお目にかかったことがありますが、割高なお値段に手が出せませんでした。以前にお肉屋さんで「豚バラ肉を紙のように薄く切ってもらえませんか」と聞いたところ、柔らかいので薄くは切れないという反応をもらいあきらめかけていました。この時期鍋に入れたりしていたなーと恋しく思っていたところ、夫が家電量販店でこんなものを買ってくれました。

 

f:id:minamoe0529:20181229044947j:plain

 

スライサー(Alleschneider)です。ドイツでは固いパンを切ったり生ハムを切ったりする需要のために色々な値段帯でメーカーが販売しています。安いものだと20~40€くらいで買えますが安定感がなく操作性が悪いため今回GRAEFというメーカーの139€のものを購入しました。(業者レベルだと600~800€などなどがあります)

 

f:id:minamoe0529:20181229045016j:plain

 

デフォルトはパン切り用の刃がセットされていましたが、セット内容に鋭利なタイプも含まれていました。

(説明書はなんと7カ国語表記)

早速豚のバラ肉の塊を購入し、骨を取り除いて冷凍して準備します。(豚バラの塊肉には大抵骨がついています)

 

f:id:minamoe0529:20181229045044j:plain

 

冷凍したお肉を1~2時間ほど自然解凍し、スライスしてみました。

 

f:id:minamoe0529:20181229045106j:plain

 

思っていた通りに薄切りにできました!感動!!!

 

f:id:minamoe0529:20181229045126j:plain

 

知人から頂いたキムチを使って豚キムチ丼にしてみました。おそらくですが、吉野家レベルに薄切りです。7ヶ月ぶりに食べた薄切り肉(とキムチ)は美味しさもひとしおでした。

 

クックパッ〇を駆使して色々な料理をしていますが、これで薄切り肉の壁を打ち破り、料理の幅を広げることができます!2019年は肉料理マスターに近づけるよう精進したいと思います。

 

ドイツのクリスマスマーケット

11月28日から始まったクリスマスマーケットもあっという間にクリスマスを迎えて消えてしまいましたが、せっかくなので少し紹介したいと思います。クリスマスマーケットはドイツ語ではバイナハツマルクトと言います。ドレスデン近くのバウツェンで最初に行われたと言われています。この時期ドイツ人はバイナハツマルクトでグリューワイン(ホットワイン)を飲むことを非常に楽しんでいます。クリスマスに教会へ行く割合は3割と思いのほか少ないのですが、ドイツ人の8割はこのバイナハツマルクトに出かけるんだとか。

 

f:id:minamoe0529:20181229035719j:plain

 

グリューワインやホットビールなどの飲み物の他、食べ物もいろいろと売られています。飲食関連のお店の前には大抵写真のようなスタンドがあって暖房器具が備えられているところもあります。

 

f:id:minamoe0529:20181229040038j:plain

 

今年のアルトマルクト近辺のバイナハツマルクトマグカップ。毎年絵柄が変わるマグにグリューワインを注いでくれます。飲み物代に加えてマグ代をあらかじめ払い、返却するとお金が返ってきます。ドイツではマグ代のことを「パント」と言い、パントはカップによって異なりますが3€から5€です。

 

f:id:minamoe0529:20181229040015j:plain

 

これはホットビールです。(雨の日だったので机が濡れています)

あたたかいビールなんですが、味はハーブが強い甘い薬のような感じでした。

 

f:id:minamoe0529:20181229040950j:plain

 

巨大ハンバーガー6.5€ 非常に大きくて二人で食べきりました。

 

f:id:minamoe0529:20181229040926j:plain

 

グラーシュというハンガリーのシチューにザワークラウト(キャベツの酢漬け)と蒸しパンをセットにしたもの。8.5€

蒸しパンは日本の肉まんの皮とほぼ同じ味でした。グラーシュとザワークラウトのコンビネーションがいい感じ。

 

f:id:minamoe0529:20181229040828j:plain

 

豚肉の厚切りをサンドしたもの。5.5€ しょっぱすぎずちょうどよい味加減で美味しかったです。

 

f:id:minamoe0529:20181229040728j:plain

 

白身魚のフライをサンドしたもの 6€

お魚は貴重なのでいいお値段がします。ものすごく塩気があるのでビールに合いそう。

 

f:id:minamoe0529:20181229040852j:plain

 

ピントずれていますが。。チェコのお菓子でパン生地を棒に巻きつけて焼き上げ、空洞の中にヌテラなどを塗ってくれます。これはシンプルにシナモンシュガーのみ。4.5€でした。

 

f:id:minamoe0529:20181229041949j:plain

 

アーモンドに砂糖コーティングしたお菓子。100グラムで3.5€ 食べ歩きにはぴったりのスナックです。

 

f:id:minamoe0529:20181229035553j:plain

 

バイナハツマルクトにはファミリー向けの催しなどが写真の小屋で行われています。

 

f:id:minamoe0529:20181229035623j:plain

 

ここは子どもたちがクッキー作りを体験できるバッケライ(パン屋)です。

 

f:id:minamoe0529:20181229035647j:plain

 

ここはキーノ(映画館)です。子供向けの映画も上映されるようです。

 

f:id:minamoe0529:20181229042627j:plain

 

クリスマスの伝統的な飾りもツリーと並んで建てられます。

 

f:id:minamoe0529:20181229042834j:plain

 

夜にはライトアップされ、小さな遊園地のような雰囲気があります。

 

f:id:minamoe0529:20181229042901j:plain

 

f:id:minamoe0529:20181229042810j:plain

 

今年は暖冬でグリューワインのありがたみが多少薄いバイナハツマルクトでしたが、私にとってはドイツでの初めてのクリスマスシーズンで、かつ毎年変わるマグカップのデザインも素敵なものだったので非常に思い出に残りました。

ドレスデンシュトーレンというクリスマスのお菓子が有名なのですが、来年は超巨大なシュトーレンが登場するというシュトーレン祭りに行きたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます。クリスマスの雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

キンダーサプライズ アドベントカレンダー

あっという間に12月に入り、今年も残すところあと少し。今週から語学学校はB1-2のクラスになりました。語学学校は12月22日からクリスマス休暇に入るため、その期間母国に帰る生徒たちも少なくありません。クリスマスはドイツではバイナハトと言い、物入りな12月を過ごすために会社からは「バイナハト」ボーナスがもらえるのだとか。(学校の先生いわく、法的には支給は任意のようです)みなが心待ちにしているこの時期、街中が楽しい雰囲気で活気があります。

さて、以前イケアのアドベントカレンダーについて書いたのですが、今日はもう一つ紹介したいと思います。

 

deutschundmosho.hatenablog.com

 

キンダーのアドベントカレンダーです。小学生のときにチョコエッグを買ってフィギアを集めていたことがありました。チョコレートもミルクの味が濃くて好きだったのを思い出し、買ってみました。日本では今ではチョコエッグは販売されていないようですが、ドイツのスーパーでは大きなものから小さなものまで色々と売られています。

 

f:id:minamoe0529:20181204004513j:plain

 

こちらのカレンダーは4種類のチョコレート(ほぼ中身は同じですが)入っています。日本で購入できたようなチョコエッグ(おもちゃ入り)が11個も入っています。ただ、中身はおもちゃではなくてクリスマスツリーを飾るオーナメントになっています。実用的(?)ですね。

 

f:id:minamoe0529:20181204011038j:plain

 

赤いサンタ帽子もおまけでついており、19.9€でした。

 

f:id:minamoe0529:20181204011306j:plain

 

こんな具合に入っています。

 

語学学校の先生には2人小さなお子さんがいるのですが、家に6つもアドベントカレンダーがあるとのこと。子供たちは祖父母世代から、また両親からもらったりするのだそう。そのような状況なのでスーパーには非常に多くのアドベントカレンダーが並んでいました。

 

イケアのカレンダーと合わせて今月楽しみたいと思います。

 

カルトエッセンとドイツ人の食文化

今日は授業中に興味深い話題があったので紹介したいと思います。表題の「カルトエッセン」とは直訳そのまま「冷たい食事」のことですが、ハムとパンとチーズのみを(主に)夕食として食べることを指して言います。初めてこの事実を知ったときはとても驚いたと同時に日本の食文化がいかに豊かなのかを知りました。確かにスーパーでは加工肉、チーズ類は夥しい種類が置いてあり、その範囲でバリエーションを発展させていることがよく分かります。

 

ドイツ人からすると日本人が食を大切にしていることは不思議なようで、私がベルリンでお寿司を食べ、パティスリーに行った話をした際、「日本人はいつも食べているよね」と不思議そうに言われました。私が食いしん坊だからというわけではなく(食いしん坊は事実ですが)「美味しいものを食べに行こう」という発想はツーリズムにおいて切り離せないものだと思っていました。しかし、異文化においてはそれが共通認識として成り立たないことがあると知りました。

 

今日、チェコ出身のクラスメイトが先生に「ドイツで部屋を探そうとするとキッチンがついていない部屋が多いがそれが普通なの?」と質問しました。私はもともと夫(日本人)が住んでいた家にそのまま移り住んだのでドイツで部屋を探したことがなく、それは初耳でした。先生は「それが普通だし、キッチンが備え付けてある部屋は少ないよ」と返し、キッチンがついているかどうかは

mit EBK (mit Einbaukuche)かどうかを見るとよい、と教えてくれました。

(mitは英語で言うwithと同じ意味です)

先生が「チェコでは食生活はどんな感じなの?」と彼に聞き返すと、週末は料理をするけれど、平日はハム・サラミ・チーズ・パンを食べているようでした。私から見ればドイツもチェコも同じような感じ。。

加えて、キッチンに関しては知人が何名も「備え付けの冷蔵庫がとても小さい」と嘆いているのでドイツ人の食生活がいかにシンプルかをそこからも垣間見ることができます。

ちなみに先生の旦那様はグアテマラ人なのですが、初めてドイツに来たときベルリンなどいろいろ巡って4日目に「ドイツはどう?」と聞いたら「ドイツの食事はもう十分だ」と言ったらしいです。。。

 

f:id:minamoe0529:20181123045744p:plain

 

それにしても、うちのキッチンはIHではあるにしろ火口が4つあるのでドイツにしては恵まれているわけです。日本で1人暮らししていた際は1口コンロだったのでかなり便利です。写真は我が家の食事(抜粋)ですが、改めてドイツの食文化と比べてみると、日本人は様々な国の料理を柔軟に取り入れてきたことを実感します。うちは完全肉食に偏ってはいますが。。

 

文字ばかりになってしまいましたが、ドイツとの文化の違いを少しでも感じてもらえたら幸いです。