ドイツ生活 徒然記

現在語学学校でドイツ語奮闘中です。ドイツ での生活で体験したことや感じたことを書いていきます。

雑誌 FLOW

ドレスデンは朝晩冷えるようになってきました。今日は語学学校の教室の窓を開け放していると寒いくらいでした。

さて、前回ヘヒトフェストについて記事を書いたのですが、そのへヒトフェストでおしゃれなドイツ人を見かけました。ドイツ人はどんな雑誌を読んでいるのか気になったので今回雑誌コーナーに行ってみました。

  

f:id:minamoe0529:20180828225050j:plain

 

はい。スーパーの雑誌スタンドはこんな感じです。全てがゴシップ誌に見える。。目がチカチカするくらいカラフルな表紙が並んでいます。日本の雑誌で言うとテレビプログラムの雑誌のような感じ?よく見ると健康・テレビ・食べ物・芸能・ファッションというジャンルがありました。

それはさておきいつも行くスーパーの前にキオスクのようなお店があるのですが、そこの雑誌売り場に売っていた雑誌がとても可愛かったので買ってみました。

 

f:id:minamoe0529:20180828225449j:plain

 

なにやら付録もついている様子でまるで日本の雑誌のようです。ホームページもとっても可愛いです。

Flow Magazin - Ausgabe 35 | Flow-Magazin.de

この雑誌のコンセプトはホームページによると、女性の暮らしの一瞬一瞬に創造的なアイデアやインスピレーションを生むきっかけを提供するというもの。(私の意訳です)発行日は記載がないのですが、2017年には8冊発刊されていたようなので月刊雑誌ではなさそう。

 

f:id:minamoe0529:20180828232310j:plain

 

背表紙は下部に雑誌の名前が印刷されています。こんなところに印刷されている雑誌は日本ではあまり見たことないです。表紙はスムースですべすべしており、中身の本文は柔らかいファンシーペーパーのような紙が使われています。

 

f:id:minamoe0529:20180828225702j:plain

 

Inhaltは「中身」という意味です。大きな章の見出しは英語でそれ以外はドイツ語です。

 

f:id:minamoe0529:20180828230245j:plain

 

目次だけで見開き1.5ページもありました。(ドイツ語は単語が長いので。。)

内容はコラム、旅行、デザイナーのインタビュー、プチDIY、惣菜レシピ、本の紹介、イラストなどなど。おそらく20代女性向けの雑誌だと思います。

 

f:id:minamoe0529:20180828231536j:plain

 

これはデザイナーのインタビュー。どんなものにインスピレーションを受けるかなど。ほかにもイラストレーターのインタビューもありました。

 

f:id:minamoe0529:20180828231800j:plain

 

この号はバードウォッチングについての記事があったのですが、付録でこんなカードがついていました。

 

f:id:minamoe0529:20180828231854j:plain

 

・・・可愛い♡何に使うかは不明ですが、それぞれの鳥の説明が裏面に印刷されています。ドイツ語の勉強になるかも。

 

f:id:minamoe0529:20180828232009j:plain

 

よーく見ると左側のノドのところにミシン目が入っています。ちょっと厚めの紙に印刷されていて、壁に貼ったりできるようです。一冊に4枚このようなシートが入っていました。イラストレーターのMarisol Ortegaという女性の作品です。

 

f:id:minamoe0529:20180828232157j:plain

 

もうひとつの付録。ミニポスターと書いてありました。

 

f:id:minamoe0529:20180828232233j:plain

 

こんなふうに自立します。

 

こちらの雑誌は1冊7.5€でした。印刷する用紙や付録の加工などこだわって作られているので個人的にはこのくらいが妥当なのかなと思いました。ドイツは活版印刷が生まれた国でもあるので印刷技術など出版にも興味が湧きます。

 

また面白い雑誌があったらぜひここで紹介できたらと思います。