ドイツ生活 徒然記

現在語学学校でドイツ語奮闘中です。ドイツ での生活で体験したことや感じたことを書いていきます。

ドレスデンのカフェ フランス菓子のお味は・・・

今週からドイツ語のクラスがB1-1になり、なかなか忙しくなってきました。なんといっても語彙が足りていません。。もっと勉強しなくては。。

ということで少し間があいてしまいましたが、今日は先々週末行ってきたカフェについて書きたいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20181109001145j:plain

émoi 

住所: Kamenzer Str. 40
01099 Dresden

(お店のホームページはおやすみ中でした)

 

ドイツではケーキのことをクーヘンと呼ぶのですが、日本でもお馴染みのバームクーヘンからも想像がつくように、少し重ための生地で素朴なものが主流です。日本で食べるケーキのようなふわっと軽い食感のものはなかなかありません。先日こちらでも紹介しましたベルリンのカフェコミネのようなパティスリーは少ないです。そんななか、ドレスデンで見つけたお店がこちらのémoi なのです。期待に胸をふくらませて行ってきました。

 

f:id:minamoe0529:20181109002111j:plain

 

中央にあるのはマカロンですが、その周りにはドイツのクーヘンが並んでいます。

 

f:id:minamoe0529:20181109002215j:plain

 

チョコレートもショーケース入り。

 

f:id:minamoe0529:20181109002309j:plain

 

金色の紙のお皿が敷いてあって見目麗しいですね。

 

f:id:minamoe0529:20181109002408j:plain

 

ちょっとミントが元気ないですがこちらも綺麗に作ってあります。

 

ピンク色の方はホワイトチョコレートで囲ってあり、中にバナナのムースが入っています。緑色の方は下にブラウニーがひかれ、中には酸味の強いフィリングが鎮座していました。残念ながらどちらも美味しくなかったです。それぞれ4€というなかなかのお値段がするのですが、やはりドレスデンで美味しいケーキを食べるのは難しいのかもしれません。救われたのは、コーヒーが美味しかったこと。お客さんの様子を見ているとパンを買う人が多く立ち寄り、カフェでケーキを食べているのは私たちしかいませんでした。

 

f:id:minamoe0529:20181109003047j:plain

 

カフェを出る頃にはこんな風に残り少なくなっていました。見た目は綺麗なんですけどね。。ベルリンで食べたカフェコミネのケーキが忘れられない私たちにとっては辛い敗北となりました。後日語学学校の先生にこのお店のことを話したところ、ナッツクリーム入りのクロワッサンがとても美味しいとのこと。こちらのお店に来ることがあれば、ぜひクロワッサンをお試し下さい。